会社概要


社名
合同会社タチバナ・ペール・エ・フィス
代表者
立花 峰夫
資本金
1,000,000円
所在地
〒616-8025
京都市右京区花園土堂町7-36
TEL. 075-468-3306
設立
2015年7月21日

代表者紹介: 立花 峰夫 Mineo Tachibana

プロフィール
1971年、大阪府に生まれる。1973年から1年半パリで暮らすものの、覚えたフランス語を帰国後すべて忘れる。

1994年、京都大学経済学部卒業。ベネッセコーポレーションに約5年勤務したのち、ワイン業界に。

アジア最大のワインスクール、アカデミー・デュ・ヴァンにてマネージメントと講師業務に約10年従事、テキストの執筆、講座企画などを行う。大阪校事務局長、東京校事務局長、専務取締役を務めたのち、2012年に退社。その後、大塚食品ワイン部で、輸入事務・営業・マーケティングと多岐にわたる業務をこなす。

そうした「本業」の傍らで、欧米ワイン本の出版翻訳、ワイン専門誌への記事執筆を精力的に行い、翻訳・執筆能力を磨く。また、2002年から2003年にかけては、米国のリッジ・ヴィンヤーズ、山梨県の丸藤葡萄酒に醸造研修生として、京都府の丹波ワインに栽培研修生として勤務、現場のワイン造りを学んだ。

2015年、合同会社タチバナ・ペール・エ・フィスを設立。

翻訳書
●『ほんとうのワイン』パトリック・マシューズ著、白水社、2004年
●『アンリ・ジャイエのワイン造り』ジャッキー・リゴー著、白水社、2005年(共訳)
●『スキャンダラスなボルドーワイン』ウィリアム・エチクソン著、ヴィノテーク、2006年
●『ワインの帝王 ロバート・パーカー』エリン・マッコイ著、白水社、2006年(共訳)
●『シャンパン 泡の科学』ジェラール・リジェ=ベレール著、白水社、2007年
●『テロワール』ジェームズ・ウィルソン著、ヴィノテーク、2010年(共訳)
●『ブルゴーニュワイン大全』ジャスパー・モリス著、白水社、2012年(共訳)
●『最高のワインを買い付ける』カーミット・リンチ著、白水社、2013年(共訳)
●『マルケス・デ・リスカル 時を遡る旅路』アンドリュー・カイヤードMW著、非売品、2018年(共訳)
著書・監修書
●『ワインのフランス語』立花規矩子・立花洋太、立花峰夫著、白水社、2016年(共著)
●『アンリ・ジャイエのブドウ畑』、ジャッキー・リゴー著、立花洋太訳、白水社、2012年(監修)
執筆記事発表媒体
●ワインと食とSakeの情報誌『ヴィノテーク』(2003年11月号~)
●食とワインの世界を探究するワイン雑誌 『ワイナート』(2012年9月号~)
●醸造産業新聞社『酒販ニュース』(2015年11月11日号)
●日本ソムリエ協会『Sommelier』(2011年)
●『The World of Fine Wine』(issue11、2006年)